助産師〜起業への道のり〜

オーストラリアでワーホリをしていた助産師が日本で起業する活動記録です。

【妊活中、妊娠中の方必読】妊娠と歯科検診の関係について!

f:id:midwife-kayo:20200623081631j:plain
こんにちは、助産師かよです。
前回は、妊娠中のむくみの原因と解決方法!についてお話ししました。
今回は、歯科検診についてお話しをします。母子手帳をもらったときに「歯科検診に行きましょう」と言われませんでしたか?母子手帳を見たときに「妊娠中と産後の歯の状態」というページがあることに気がつきましたか?どうして妊娠中に歯科検診を受ける必要があるのか、さっそくお話ししていきます。

 妊娠中のお口の中の変化

妊娠するとホルモンバランスの変化によって全身にさまざな影響があります。その中の一つがお口の中の変化です。どんな変化が起こるのか説明します。

虫歯になりやすくなる

食べたら歯磨きをすることが理想ですが、妊娠中はつわりによって一度に量を食べられないため、小分けに食べることも多いです。その度に歯を磨くことは難しく、歯を磨く回数も減ります。また、妊娠により唾液の量が減ることや、食べるものに偏りが出て酸っぱいものばかり食べると、口の中が酸性に傾きます。このようなことが重なり、虫歯になりやすい環境になっています。

歯ぐきにも影響がある

ホルモンの影響で歯周病菌が活性化することが分かっており、このことから妊娠中に歯ぐきの腫れや出血がみられることがあります。また、つわりにより十分に歯磨きができないことも関係しています。

赤ちゃんへの影響は?

むし歯や歯周病がどのようにおなかの中の赤ちゃんに影響するのか説明します。

早産になりやすい

少し難しい話になりますが、歯周病になると炎症によりサイトカインという物質が分泌されます。このサイトカインは子宮収縮させるプロスタグランジンの産生を促進します。これらの作用によって早産となる可能性があると言われています。

赤ちゃんの成長に影響する

早産が増えると低出生体重児が増えることは明らかです。それに加えて、歯周病菌が血液中に入り胎盤を通しておなかの中の赤ちゃんに直接影響し、胎児の発育不全や低出生体重児などを引き起こす可能性があるともいわれています。

f:id:midwife-kayo:20200621114507j:plain

歯周病と低出生体重児・早産の関係

日本臨床歯周病学会 | 歯周病が全身に及ぼす影響より引用

 

 歯科検診に行くタイミングは?

母子手帳をもらったときに「できるだけ早く行きましょう」と言われたことのある方もいるかもしれません。でも妊娠が分かった時点でつわりが始まっている方もいます。体調がすぐれないと歯医者さんに行く気持ちにならないですよね。
妊娠に関わらず、定期的に歯医者さんに通っていることが理想ですが、妊娠したいと思った時点で、歯科検診を受けていたら、いつ妊娠しても安心です。

理由は以下のとおりです。
①つわりが始まると歯科検診を受けづらい。
②妊娠5ヶ月くらいから歯科治療を行うことができますが、おなかが大きくなってくると椅子で同じ体勢を取ることが難しくなることもある。
③歯が痛くなったときに使える痛み止めと使えない痛み止めがある。

歯科治療に行こうとしていたけれど、そのまま切迫流産で自宅安静→入院となり、治療に行くことが難しくなった妊婦さんもいました。
早産や赤ちゃんの成長・発達に影響があることを考えると「妊娠したいと思ったタイミングで歯科検診に行っていたほうが安心です。

妊娠中に自分でできるセルフケア

 つわりがあって小まめに磨くことが難しい、歯を磨くと持ち悪くなる、など悩みも多いと思いますが、そんなときにもできるセルフケアについてお話しします。

①食事の後、歯磨きが難しければ口をゆすぐ。
 →うがい薬を使ったりすると良いです。
②1日1回、歯を磨く。
 →歯磨き粉は無理につける必要はありません。
③キシリトールガムを噛む。
このような少しの工夫でもお口の中の状態は変わります。

 まとめ

妊娠と歯科検診の関係性についてお話ししました。お口の中の状態が赤ちゃんに影響すると知っていた方は少ないのではないでしょうか?妊娠中は歯科検診が無料なので、歯医者さんに行く方がほとんどだと思いますが、この記事が妊活中の方の歯科検診のきっかけになれば嬉しいです!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
↓ランキングに参加していますので、押してもらえると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ