助産師〜起業への道のり〜

オーストラリアでワーホリをしていた助産師が日本で起業する活動記録です。

ワーホリから帰国して日本での仕事のはなし。

f:id:midwife-kayo:20200503131703j:plain

シドニー最終日に撮った写真です。

シドニーから帰国しました助産師かよです。
4月中旬に帰国して無事に2週間の隔離期間も終え、国外転入の手続きや諸手続きもようやく終わりました。役所も人がまあまあいて驚きました〜。役所まで電車を使わず歩いて行っていたら、公園に家族連れがたくさんいて、テントを張ってのんびりしていたり、危機感をあまり感じないのかなと不思議に思いながら通り過ぎました。
さて今回は、新型コロナウイルスの影響で緊急帰国した人も多いと思いますが、帰国後の仕事についてお話ししたいと思います。

 どんな仕事をしたいか?

本当はあと1年半くらいオーストラリアにいるはずだったんですけど、コロナの影響で帰国し急遽日本で暮らしていくことになりました。
もともと日本では、看護師・助産師として働いていて、オーストラリアでは住み込みのベビーシッターをしていました。
看護師・助産師・保健師の免許を持っているので、就職活動はしやすいです。ある程度の経験年数もあるので、病院やクリニックなど働き先もすぐ見つかります。
英語も少しは話せるようになったけど、仕事で使うにはまだ不安なところもある・・・自分はなにがしたいのか?と隔離期間の2週間、自問自答をしていました。

選択肢は?

どんな選択肢があるかあげていきます。

1)看護師:病院やクリニック、訪問看護ステーション、単発の派遣、コロナウイルスの影響で電話相談などの仕事もあります。
2)助産師:病院、クリニックや産後ケア施設、こちらもコロナの影響で妊婦さん向けの電話相談の仕事があります。
3)ベビーシッター:日本とオーストラリアでベビーシッターをしていたので、里帰りできなくなった方の産後ケアや休園や登園自粛で子どもが家にいることになった方のサポートなどができます。
4)英語を使った仕事:エージェントに登録して英語を活かす仕事を1から探す。

 ざっとこんな選択肢が浮かびました。

実際に選んだ仕事は?

3)ベビーシッターを選びました。
理由は、以前大学病院で働いていて忙しすぎて、しばらく戻りたくないと思っていたからです。また、看護師・助産師として病院で働くことでコロナへの感染のリスクがあるので、避けたいと思っていました。
でも、自分の持っている資格は活かしたい!と思っていて、ベビーシッターだと新生児にも関わることができるし、働いているお父さん、お母さんのサポートもできるし、外国人も対応可能にすることで英語も使うことができる!と思いました。
嬉しいことに帰国してベビーシッターを再開したことを以前のリピーターさんにお知らせすると「会いたいです!」とすぐ予約してくださって、成長した子どもたちに会えることがすごく楽しみです♪*
また、新生児と関わることが多かったので、お母さんたちの育児の悩み相談にもよくのっていて、お母さんたちから「また会いましょう!」と言ってくださるのが、とっても嬉しかったです!

f:id:midwife-kayo:20200503131719j:plain

車に乗って公園を大暴走する2歳児。

その他の仕事のはなし 

インターネットで「ワーホリ後 仕事」と検索してみました。
・ホテル
・ゲストハウス
・リゾートバイトで次の渡航資金を貯める
・元の職(看護師なら看護師、歯科衛生士なら歯科衛生士、IT企業ならIT企業)に戻る

などがでてきました。
専門性を身につけてからワーホリに行くと、帰国してからも就職がしやすいようですね。
英語を使って仕事をするなら、英語力の証明が必要なので、TOEICやIELTSなどの試験を受ける必要があります。
私の友人は、語学留学から帰国して外資系の会社に再就職していました。外資系を紹介してくれるエージェントもあるので、語学力を活かしたい!というのであれば、エージェントを利用して就職先を見つけるのもひとつの方法だと思います。
また、IT系の仕事をしていた友達は前務めていた会社からいつでも戻ってきていいと言われていると話していました。

まとめ

今回はワーホリから帰国してからの仕事の話しをしました。急遽帰国ということで、「なにをしようかな〜」と考える時間もあまりなく、日本にいるだけでさまざまな支払いが生じるので働かなければなりません。
私の体験談なので、看護師免許を持っていない人からするとあまり参考にならないかもしれませんが、こんな世界もあるんだな的な感じで読んでもらえてたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
↓ランキングに参加していますので、押してもらえると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ