助産師かよの海外生活〜豪州より一時帰国中〜

オーストラリアでワーホリをしていた助産師のブログです!

【オーストラリアワーホリ】ロックダウンのルールと過ごし方。〜お散歩編〜

f:id:midwife-kayo:20200406125437j:plain
シドニーでワーホリ中の助産師かよです。

オーストラリアの新型コロナウイルスの感染数は約5700人となりました。

ロックダウンを行ってから、感染者数は急激から緩やかに増加に変わってきています。

日本は緊急事態宣言を出す準備をしているとの報道がありますが、オーストラリアはすでに緊急事態宣言より厳しいロックダウンを行っています。

ロックダウンはどういうルールがあるか?ロックダウン中はどのように過ごしているか?についてお話しします。

まず初めに、シドニーのあるNSW州のロックダウンのルールについて簡単に説明します。

 

 

NSW州のロックダウンのルール

オーストラリアで最も厳しいロックダウンの下で生活しています。ルールを破った場合、最大11,000ドルの罰金です。

外出しても良いタイミングについてガイドラインがあるので紹介します。詳細はこちら

●自宅勤務が不可能な人

●通学

●食料品や生活必需品の買い物

●医療サービスを受けるとき

●運動(自分を含めて2人まで)

●怪我や病気を避けるために、屋内から逃げるとき

●緊急事態や人助けのとき

●弱い立場にある親族、人をサポートするため

●子どもを保育園に連れて行くとき

●冠婚葬祭(5名限定)、葬儀(10名限定)
●引っ越し
●献血
●法的義務を果たすため

●就労サービス、メンタルサービスなどの支援サービスを受けるため
●子供が離婚した夫婦の間で移動するとき
●礼拝所に行くこと、または牧会すること

 

朝日を見ました!

家にずっといるのもストレスが溜まるので、運動の目的でcoogee beachに朝日を見にお散歩に行ってきました!

4時15分起きです。久しぶりに早起きしました〜!

ビーチは立ち入り禁止ですが、ビーチ沿いに歩道があり、お散歩コースになっています。

シティから30分で着くビーチですが、空気が良くて静かだし、癒されました。

f:id:midwife-kayo:20200406122258j:plain

とても綺麗でした

f:id:midwife-kayo:20200406122243j:plain

ビーチは立ち入り禁止になっています

意外と人がいる

f:id:midwife-kayo:20200406122226j:plain

歩いていると大きな岩場があり、トレーニングしたり、座っておしゃべりしたり、各々好きなことをしていたので、私たちも寝っ転がって日向ぼっこもしました。

家にいると日差しを浴びる機会もグッと減るので、久しぶりでとても気持ちよかったです。

横になってたら、普通にお昼寝してしまって、焼けました。。。

日向ぼっこしている人もたくさんいましたが、広いこともあり、それぞれしっかり距離を取っていました。

f:id:midwife-kayo:20200406122312j:plain

海とは反対側に写真のような大きな芝生の広場があり、子ども連れや犬のお散歩などしている人がたくさんいました。ただ、家族単位以外に、2人以上のグループはあまり見かけませんでした。(家族やルームメイト以外との3人以上の集まりは禁止されています。)

 

警察のヘリコプターが飛んでる

f:id:midwife-kayo:20200406123035j:plain

上空を何台もヘリコプターが飛んでいましたが、そのうちすごい低空飛行をしているヘリコプターがいたのでよく見てみると「police」とかいてありました。

ビーチ周辺では、地上には警察はいませんでしたが、上から見られていました。

ビーチ沿いをずっと進んでいたので、ビーチは立ち入り禁止になっていましたが、違反者がいないか、各ビーチ周辺を偵察しているようでした。

 

まとめ 

秋になってきましたが、お天気も良く日曜日だったこともあり、多くの人が運動にきていました。ロックダウンといっても、外出が完全にダメというわけではないため、不要不急な外出は避けなければなりませんが、たまに息抜きにお散歩するのもリフレッシュになって良かったです!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓ランキングに参加していますので、押してもらえると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ      にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ