助産師かよの海外生活〜豪州より一時帰国中〜

オーストラリアでワーホリをしていた助産師のブログです!

【オーストラリアワーホリ】帰国決定!帰国方法は?帰国後の滞在場所どうする?

f:id:midwife-kayo:20200329095213j:plain
こんにちは。

シドニーでワーホリ中の助産師かよです。

オーストラリアの新型コロナウイルスの感染者は3000人を超え、その中の1600人はシドニーのあるNSW州内の感染者です。

日に日に感染者は増加していて、どこで感染するか分からないので、不要不急の外出は控えるようにしています。

今回は、帰国することに決めた理由、在シドニー日本国総領事館からのお知らせ、帰国方法と帰国後の滞在先について書きます。

 

 

帰国することを決めました。

前回、【オーストラリアワーホリ】このままオーストラリアに残るか?帰国するか?について書きました。

それから迷いに迷いましたが、帰国することに決めました。その理由をお伝えします。

 

自分がもし新型コロナウイルスになったら?

「8割は軽症で、持病がある人や高齢者が危ないんでしょ」と思っていました。もしなっても、持病もないし、年齢も問題ない。軽症なら治るし、保険も入ってるから大丈夫って。

そんなこと考えてたらこのニュースが飛び込んできました。

イギリスで21歳女性が死亡、「基礎疾患なかった」 新型コロナウイルス - BBCニュース

これ見て、「あ、コロナウイルスって最近出てきたウイルスだし油断したらダメだな」って思いました。

 

家族に会えない。

もし自分が新型コロナウイルスに罹って重症化しても、家族はオーストラリアに入国さえできないから、会えない。

海外に行くのは自己責任だし、事故とか何かあったときは仕方ないと思っていましたが、防ぐことができるのに、危険なところに身を置いておくのは良くないな、って考えました。

日本も安全なわけではありませんが、何かあったときのことを考えると安心です。

 

入国がいつも通りできる。

日本における新型コロナウイルスに関する水際対策強化によると、オーストラリアはまだ上陸拒否対象地域や指定の流行地域には入っていません。

指定地域に入ると、帰国時に検査が必要、検査結果が出るまで待機、14日間の滞在場所の確保など検疫の対象になります。

上陸拒否になると、飛行機はさらに飛ばなくなることが考えられ、検疫の対象になると帰国の準備も大変です。

オーストラリアの新型コロナウイルス感染者が増加するとこれらの地域に入るかもしれません。

 

考えた結果

「よし!帰国しよう!」

オーペアとして働いているため、家族に帰国することを伝え、急いで後任探しです。

友人(オーストラリア人)にも相談してみましたが、「いま飛行機に乗って帰るほうが危ないんじゃない?」「帰国するのがいいと思う」など、いろんな意見をもらいました。

私の周りのワーキングホリデービザで滞在している人たちは、急いで帰国の準備をしています。

 

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

 

在シドニー日本国総領事館からのメール

前回もお話しした「ワーキングホリデー ビザで豪州に滞在されている方へ」の文章では「ワーホリの人は帰国してね」ととても丁寧に書いてありました。それによって、質問が殺到したんでしょう。3月27日にQ&Aをまとめた文章がきました。

ワーキングホリデーに関するものだけ載せています。全文はこちら

【本文】
1 フライト
Q1 4月に予約していた帰国便がキャンセルになりました。一刻も早く日本に帰るためにはどうしたらいいですか。
A1  国際線のみならず国内線についても減便や運休の状況は日々変わります。また,第三国経由で帰国する方法もありますが,国によっては乗り継ぎを認めない場合もあります。航空会社の運航情報や第三国の乗り継ぎの制限情報をご自身でこまめに調べたり,旅行代理店に相談されるのが良いでしょう。各国の制限情報の確認については海外安全ホームページが参考になります。
○外務省海外安全ホームページ(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

Q2 どの航空会社を使えば日本に帰国できますか。
A2 現状では,4月に通常運航している日本への直行便は全日本空輸(ANA)の 羽田・シドニー線(週7便)のみです。3月中であればその他の航空会社も運航しています。詳しい運航状況は以下のとおりです。なお,第三国経由で帰国する方法もなくはありませんが,国によっては乗り継ぎを認めない場合や,検疫対象になり得る場合がありますのであらかじめ空港・航空会社にお問い合わせください。各国の制限情報の確認については外務省海外安全ホームページが参考になります。
○外務省海外安全ホームページ(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

【全日本空輸(ANA)】
<羽田・シドニー線>
 現状では,週7便が4月24日(金)までは通常運航と発表されています。詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。
<成田・パース線>
 3月29日(日)から4月24日(金)までの間,3月30日(月)発着の便を除き,全便を運休します。
○全日本空輸ウェブサイト
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202003/20200324-2.html

【日本航空(JAL)】
<成田(羽田)・シドニー線>
 成田発(3月29日(日)以降は羽田発)の便については,3月31日(火)発の便から,4月30日(木)発の便まで運休します。また,シドニー発の便(3月29日(日)発の便から目的地を成田から羽田へ変更)については,4月1日(水)発の便から,5月1日(金)発の便まで運休します。
<成田・メルボルン線>
 現在運休されており,成田発の便については4月30日(木)発の便までの運休,メルボルン発の便については5月1日(金)発の便までの運休が発表されています。詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。
○日本航空ウェブサイト
https://press.jal.co.jp/ja/release/202003/005563.html

【カンタス航空及びジェットスター航空】
 3月末から少なくとも5月末までの間,日本路線を含む全ての国際線を運休すると既に発表されています。
○カンタス航空及びジェットスター航空ウェブサイト
https://www.qantasnewsroom.com.au/media-releases/qantas-group-outlines-customer-and-employee-impact-of-coronavirus-related-network-cuts/

【ヴァージン・オーストラリア航空】
 ヴァージン・オーストラリア航空については,3月30日(月)から6月14日(日)まで間,全ての国際線を運休する旨発表されています。
○ヴァージン・オーストラリア航空ウェブサイト
https://newsroom.virginaustralia.com/release/virgin-australia-group-update-response-covid-19

2 空港の乗り継ぎ
Q1 各州がそれぞれ入州規制をかけている中,豪国内で乗り継いで日本に帰国するのは可能ですか。
A1 豪国内の空港から出発し,別の豪国内の空港で乗り継ぎを行い日本等の第三国へ向かう場合は乗り継ぎ可能です。

 

Q2 ニュージーランドから豪州経由で日本に帰国することは可能ですか
A2 現状では,第三国から出発し豪国内の空港で乗り継ぎを行い,日本等別の第三国へ向かう場合は原則として乗り継ぎが許可されません。なお、第三国からの乗り継ぎに際し特別の理由があれば,例外が認められる場合があります。下記のリンクをご参照の上,該当される方は手続きを行ってください。
○豪内務省ウェブサイト
https://immi.homeaffairs.gov.au/help-support/departmental-forms/online-forms/covid19-enquiry-form


3 豪州のビザの延長
Q2 渡航直前にフライトがキャンセルされ,このままではビザが切れてしまいます。
A2 早急に新しいビザを申請しブリッジングビザAを取得してください。ビザが切れてしまった場合には,合法的に滞在するためにブリッジングビザEを申請してください。詳しくは豪州移民局(電話:131881)へ お問い合わせください。

4 日本政府による援助
Q1 フライトがキャンセルされ帰れなくなった場合には,チャーター機を手配してくれますか。
A1 残念ながら現状では チャーター機等が手配されることはありません。フライトがまだ残っているうちに早急に各自手配をお願いします。

Q2 ワーキングホリデービザで滞在中ですが,一連の規制で職を失いました。日本政府から金銭的な支援は得られますか。
A2 日本政府から経済的支援はできかねます。ご家族や親族の方からのサポートをご検討ください。海外送金システムを利用すると日本からの送金を受け取ることができる会社(Western Union社等)もございます。以下のサイトをご参照ください。
 なお,豪州の経済的支援は基本的には市民権や永住権を持つ方へのもので,その他の査証をお持ちの方へは望めません。生活が困窮してしまう前に日本への帰国を視野に入れてご検討ください。
○Western Union(ウエスタンユニオン)社ウェブサイト
https://www.westernunion.com/jp/ja/send-money.html

 

これを見て、とても丁寧に対応してくれていること(特に航空会社の詳細)に驚きました。また、帰国しようとしている人がどうやって帰るか困っている状況も分かりました。欠航、運休で3月末から全然飛行機が飛んでいないんですよね。

 

どうやって帰国する?

私はANAで帰国する予定です。直近だと航空券が「シドニー東京」で30万します。片道ですよ。帰国しようと思っても簡単に買える金額ではないです。

10日先だと10万で購入できます。私が調べた中では、ANA以外に直行便は飛んでいないようです。

乗り継ぎするもの感染が怖いし、直行便を選びました。

 

旅工房で最安値の航空券を見つけよう

帰国後の滞在場所

オーストラリアはまだ検疫の対象には入っていないので、検査や隔離の対象には入っていません。

実家に帰ろうと思っていましたが、実家は九州で国内線にまた乗り継ぎしなければ行けません。「海外からの帰国者(主に欧米ですが)が新型コロナウイルスに感染」とニュースを見ているので、移動はせず東京に2週間程度滞在する予定です。14日間の滞在も義務ではないですが、こんな時なので、もしものときを考えて迷惑をかけないように自己隔離です。

 

まとめ

 ここ3日くらいでバタバタと帰国が決まりました。フライトがキャンセルにならないか心配ですが、それまで(全然外出していませんが)オーストラリア生活を楽しみたいと思います。

帰国するか迷っている人もまだいると思うので、参考になれば嬉しいです。 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓ランキングに参加していますので、押してもらえると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ      にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ