助産師かよの海外生活〜豪州より一時帰国中〜

オーストラリアでワーホリをしていた助産師のブログです!

【新型コロナウイルス】妊婦さんが新型コロナウイルスになったら?赤ちゃんへの影響は?

f:id:midwife-kayo:20200326200049j:plain
シドニーでワーホリをしている助産師かよです。

世界中でコロナウイルス が猛威をふるっており、オーストラリアもコロナウイルス感染者が3000人を超えました。

妊婦さんに症状が出たとき、どのような対応をするか私自身が気になったので、今回は日本とオーストラリアの情報をまとめました。

コロナウイスルとは?や症状などは、普段から目にすることが多いと思うので省略しています。

 

妊娠している人や胎児への影響 

最も妊婦さんが心配することかもしれませんが、新型コロナウイルスは2019年12月以降に問題となっているため、まだ症例数も少ないです。

  1. 現時点では、妊婦の死亡報告はありません。
  2. 妊娠初期・中期の流早産の可能性は高くないと考えられています。
  3. 現時点では、胎盤を通して子宮内の赤ちゃんへの感染はみられていません。
  4. 新型コロナウイルスでの報告はありませんが、風邪などで妊娠初期に高熱が出ると先天異常の可能性があると言われています。

↓中国で妊娠30週の早産となった症例報告がとても分かりやすく書いてあります。

tiny-life.org

 

症状が出たときの相談のタイミング〜日本とオーストラリア〜

今までお伝えしてきた予防法などは世界共通ですが、相談のタイミングや連絡先は国によってもちろん異なるので、日本とオーストラリア両方をあげています。

日本の場合

厚生労働省は、一般的に妊娠中に肺炎を起こした場合、妊娠していない時に比べて重症化する可能性があるため

  1. 風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日以上続く場合
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

病院受院の前に、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」に問い合わせるようにとしています。

www.mhlw.go.jp

オーストラリアの場合

  1. 呼吸困難がひどい場合は、すぐにトリプルゼロ(000)に電話してください(救急車を呼んでください)。最近の旅行歴や、COVID-19が確認された人との接触があったかについて、連絡時と到着時の救急隊員に伝えてください。
  2. オーストラリアでは、まずネット上でコロナウイルス症状チェッカーしてから病院受診を促しています。サイトは日本語はなく、英語での問診になります。この症状チェッカーが医師の診察を受けるように指示した場合は、クリニックや病院を受診する前に電話で症状と渡航歴を伝える必要があります。 
  3.  妊娠中に定期的に検診を受けることは、妊婦さんと赤ちゃんの健康状態をモニターするために重要です。しかし、この時期にGPや病院に行くことに不安を感じるのも無理はありません。予約を変更する前に、まず医師に相談することが大切です。
  4. 妊婦さんと赤ちゃんが健康であれば、主治医は受診頻度を減らすように勧めてくれるかもしれませんし、予約の一部にはテレヘルスコンサルテーション(ビデオ通話)を提供してくれるかもしれません。

オーストラリアでは、まずネット上でチェックしてから病院受診を促しています。

Pregnancy Birth and Babyを日本語訳しています。

 

「体重計に乗るのがこわい」とお悩みの妊婦さんに【ゆるやか習慣】

コロナウイルスにならないためにできること

全ての方に当てはまることですが、予防が最も大切です。

手洗いを徹底する。

f:id:midwife-kayo:20200324103442j:plain

f:id:midwife-kayo:20200324103459j:plain

  1. 外出先からの帰宅後やトイレに入った後、食事前や調理の前後など、こまめに流水と石鹸で手洗いをしましょう。(20秒程度洗うようにしましょう。)
  2. たくさんの人が触る場所、例えばエスカレーターの手すりや電車のつり革、ドアノブなどを触れた後、すぐに手洗いができないときは、アルコール消毒をするようにしましょう。(コロナウイルスは70%以上、市販の手指消毒用アルコールに弱いことがわかっています。)
  3. 爪は短く整えておきましょう。

 

不要な外出を避ける

  1. 多くの人が集まる場所には行かないようにしましょう。 特に、屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況は避けましょう。
  2. 咳や発熱など風邪の症状がある人との接触は避けましょう。

 

マスクをしましょう

ここで注意して欲しいのは、WHOは「予防目的でマスクを着用する必要はない」としています。マスクをすることによる予防効果はありませんが、人混みに行く際には、マスクを装着することが望ましいです。

  1. マスクは使い捨てで1日数回交換しましょう。再使用はしないでください。
  2. マスクをする際は口、鼻をしっかり覆いましょう。
  3. マスクを外すときは、マスク自体には触れず、マスクのゴムやひもをつまんで外しましょう。

 

注意してほしいこと

  1. 現時点ではコロナウイルスに対する薬や予防接種はありません。
  2. 換気の悪い密閉空間、人が密集している、近距離での会話や発生が行われる場所は避けましょう。
  3. WHOからの一般的な注意として「生あるいは加熱不十分な動物の肉・肉製品の消費を避けること、それらの取り扱い・調理の際には注意すること」とされています。コロナウイルスは熱(70度以上で一定時間)に弱いことがわかっています。しっかり加熱したものを食べるようにしましょう。

より詳しい予防に関しての情報は新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省の問13から書いてあります。

 

オーストラリアで言われている追加の予防策

「社会的距離を置くこと」をよく言われています。

  1. 人との距離を1.5mあけましょう。
  2. 握手・ハグ・キスを禁止します。 

 

まとめ

インフルエンザが流行る季節もよく症状の相談の電話など受けていました。

過度の心配やパニックにならないために予防方法を知っておくこと、また、症状が出て心配になったときの対処法を知っておくと行動がスムーズだと思います。

シドニーのあるNSW州は感染者数がオーストラリア内で最も多いため、私も外出は極力控えています。東京都も週末外出自粛要請が出ましたね。暖かくなり桜も見れる季節になりましたが、外出しないようにするのが1番かもしれません。

 

参照サイト 

すでに本文中に載せているものもありますが、参照したサイト一覧をまとめています。

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

国民の皆さまへ 関連情報(新型コロナウイルス感染症)|厚生労働省

日本産婦人科感染症学会の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症について、妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ

新型コロナウイルスで妊婦の注意点 胎児への影響は (1/4) :日経DUAL

新型コロナと妊娠について | 小さな命に想いを馳せて

Pregnancy Birth and Baby

RANZCOG - COVID-19 Statement

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓ランキングに参加していますので、押してもらえると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ 
にほんブログ村