助産師〜起業への道のり〜

オーストラリアでワーホリをしていた助産師が日本で起業する活動記録です。

【シドニー子育て】日本語プレイグループの親子リズム体操に参加しました!

f:id:midwife-kayo:20200226205326j:plain

こんにちは!シドニーにきてもうすぐ3ヶ月。

毎日オーペア(住み込みのベビーシッター:5歳の女の子、2歳の男の子)として奮闘しているかよです。

2歳の男の子は週に2回しかデイケアに行っていないので、他の日はどこに連れて行こうか、いつも考えています。

日本では児童館があったり、雨でも行ける施設がありますが、シドニーではプレイグループというものがあります。

オーストラリア でもいろいろなプレイグループがありますが、今回は日本語のプレーグループについて紹介します。

プレイグループとは?

未就学児を対象として、毎週1回午前中の2時間程度、おもちゃがあったり、歌やアクティビティなどを交えて運営されています。小さい子どもが家や公園では体験できないことをさせてくれるので、保護者にとっても憩いの場所です。

日本語プレイグループの基本情報

日時:毎週月曜日

場所:PCYC 224-230 Falcon St North Sydney

対象年齢:2〜4歳

メンバー会費:1ターム37ドル(年4ターム)、PCYC年会費 10ドル

2回まで1回5ドルで体験に行くことができます。

連絡先:crowsnestjapg@yahoo.co.jp 

実際の内容

お部屋は畳敷きの広い室内。

アンパンマン体操

おかあさんといっしょの曲に合わせて、走ったり踊ったり(もちろん保護者も)

・絵本の読み聞かせ

・豆まき(節分の週だったため)

・子どもたちの集合写真

参加した感想

親も一緒に踊ったり走ったりします。いつも行ってるプレイグループとはまた雰囲気が違い、初めての参加だと歌もダンスも知らないものもあって、周りを見ながらしていました。

子どもは2歳なので、みんなでなにかをすることに全然慣れず「こわい、こわい」とあまり動かず。

対象年齢は2歳からですが、大きいお兄さんお姉さんも多いので、2歳になったばかりの子には少し早いのかな〜と思いました。

でも日本の季節ごとの行事や歌、絵本に触れるとても良い機会となりました!!

まとめ

シドニーに住んでいるとなかなか日本の行事に触れる機会が少ないのと、日本の絵本が手に入りにくかったり、高かったりするので、毎週日本の絵本や歌に触れられるのはとても良い機会だと思いました。

子どもたちは広い室内で走り回ったりできるので、雨の日も遊べていいですね。

また、子どもたちはもちろん、ママやパパの交流の場となっているので、分からないことがあれば先輩パパママに聞くこともできる素敵な場だと思います!

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ç