助産師かよの海外生活〜豪州より一時帰国中〜

オーストラリアでワーホリをしていた助産師のブログです!

【オーストラリアワーホリ 】オーペアの見つけた方法と仕事の話し。

f:id:midwife-kayo:20200111154709j:plain

オーストラリアのシドニーでオーペアとして働いている助産師かよです。

仕事を見つけるときに、日本でもベビーシッターをしていたので、オーストラリアでもできたらなと考えていました。

今回はオーペアを見つけたかたや仕事内容について紹介したいと思います。

更新日:2020年3月15日

オーペアとは?

外国にホームステイして現地の子供の保育や家事をする見返りに滞在先の家族から報酬をもらって生活する留学制度のことである。ーWikipedia 

簡単にいうと、住み込みのベビーシッターです。

オーペアどうやって見つけた?

オーペアのエージェントありますよね。でも結構高いお金を払う必要があるので、それは避けたい。。。

インターネットでオーペアの募集を探すことができます。

また、facebookでも「Aupair in Sydney / Australia」というグループページにたくさんの募集が出ています。

このページはEnglish speakerの家族を探すことができます。

 

私が仕事を見つけたサイトはここ。
kaigai-bbs.com

ここで条件にあった家庭に直接連絡しました。

このサイトは日本人家庭が多いですが、まれにオージーの家庭もあります。

オージーの家庭でオーペアをしたい人はfacebookの方がいいかもしれません。

 

オーペアの家族や仕事は?

家族構成

日本人のママとニュージーランド人のパパ、5歳と2歳の子どもたち。

 仕事内容

朝の支度の手伝い、夕方からは2人をお風呂に入れて、夕食のときの食事の手伝いをしています。5歳の子が保育園に行っている間、2歳の子の面倒を見ています。

また、掃除や洗濯も手が空いている時にしています。

ママからの要望は子どもたちに日本語を教えてほしいの1点でした。

 家族と一緒にお出かけやレストラン、旅行にも一緒に行ったりするので、自分ではいけないところなど連れて行ってもらっています。

土日はお休みなので、観光したり遊びに出かけたりしています。

困ったこと

一緒に住んでることもあって働く時間が曖昧なことがあり、体力的にちょっとしんどいなあと思うこともありました。

家族と話しをして、どこか行きたいところや予定などを話すことで自由な時間を調整してもらえるようになりました。

コミュニケーションは大事ですね。 

 

オーペアを見つけるときのポイント

働く時間や仕事内容、お小遣い、自分の部屋があるかどうかなど確認した方がいいと思います。

 仕事内容は、朝の身支度(朝ごはん、着替え、歯磨き)、お弁当の準備、学校や保育園の送迎、夕食の準備・食事の世話、お風呂、就寝までの準備、掃除、洗濯などさまざまです。

学校の送迎が含まれている場合は、車で送迎することがほとんどなので、運転免許証が必須なことが多いです。

私は国際免許証を取得してきましたが、運転に自信がなかったので、送迎なしのところを選びました。

 

まとめ

私は運よくすぐ仕事が見つかりましたが、資格の有無や経験を考慮している家庭も多いです。

やったことがあること(ベビーシッターや子どものお世話の経験など)はどんどんアピールしたほうがいいと思います!

日本人でオーペアしている人は多いので興味があったら探してみてください〜!