助産師かよの海外生活〜豪州より一時帰国中〜

オーストラリアでワーホリをしていた助産師のブログです!

【オーストラリアワーホリ準備】ビザの申請を自分でする方法!!

f:id:midwife-kayo:20190902123316j:image

 オーストラリアのビザの申請方法が変更になって、自分で申請しても大丈夫かな?と思いつつやってみると、意外と簡単でした。

自分でビザ取得する人も多いと思いますが、できます!!ぜひチャレンジしてみてください♪*

 

申請前に準備するもの

  1. パスポート
  2. 英文残高証明書
  3. クレジットカード
  4. パソコンのメールアドレス

 

まず、パスポート

ワーホリ中に期限が切れないかチェック。大丈夫。

有効期限が1年未満の場合も事前にパスポートの更新をしたほうがいいです。

パスポートの準備ができたら、ビザ申請のときにパスポートの顔写真ページを添付する必要があるので、顔写真のページをスキャンしてパソコンに保存しておきます。

 

ちょっとめんどくさい英文残高証明書 

  •  
  • 12月からのワーホリに向けて、ビザを取ろう!と思ったら
  • 2019年4月末から【英文残高証明書】が必要になりました。とのこと。
  • まずは、銀行に英文残高証明書を発行してもらいに行きました。

〜みずほ銀行の場合〜

口座を作った支店に行ったので20分程度で発行してもらえました。

オーストラリアドルに換算して記載してもらう場合は当日発行は難しいとのこと。

1週間〜10日間みていれば、郵送してくれるそうです。

手数料:756円

 

私はその場で欲しかったので、日本円記載でお願いしました。

日本円記載でも問題なくビザはおりました!

残高についてですが、いろいろなサイトを見ていると、

滞在のための十分な費用5,000豪ドル + オーストラリア出国分の航空券費用=約50〜60万以上

あるといいみたいです。

 

英文残高証明書もパスポートと同じようにスキャンしてパソコンに保存します。

 

クレジットカード 

 ビザの項目を埋めていくと最後に申請料をそのまま払うので、クレジットカードも手元に準備しておきましょう。

カード名義は本人または家族でも大丈夫。

申請料は485ドル+クレジットカード手数料4.6ドル491.4ドルでした!

日本円で36010円でした。(2019年8月現在)

申請料上がっていました、、、

 

パソコン用メールアドレス

ビザの申請が通ったかどうか、など連絡はメールで送られてきます。

携帯のメールアドレスだと上手く送られてこないこともあるようです。

持っていない人は、yahooやgmailのアドレスが簡単に作れます。

 

準備ができればあとは申請していくのみ!!

 

ビザ申請

ビザ申請については【留学準備マニュアル2019年版】を参考にしました。

blog.aus-ryugaku.com

 見やすいしとても分かりやすいです。

 

他のサイトでも申請方法について書いてあるところがありますが、申請方法が2019年4月から変更されているので、更新されているサイトを見ることをおすすめします。

 

申請後

私の場合は申請して10分程度で【IMMI Grant Notification】のメールが届きました。

書類とかちゃんと見てくれた?とか思いましたが、ビザを取得できたので一安心です。

 

 

 

スキャン方法(おまけ)

私の家にはプリンタがなかったので、パスポートと英文残高証明書のスキャンどうしよう、、、と思っていたんですけど、今のコンビニってめちゃくちゃ便利ですね。

セブンイレブンのマルチコピー機を利用しました。

www.sej.co.jp

アプリをダウンロードして、マルチコピー機の前で操作するだけ。

とても簡単でした。

スキャンした後にパスポートのコピーもして便利でした。